数学が好き!



Home
Software
Blog
Link

微分積分の応用

合成関数とは、関数の中に関数が入ったものです。 合成関数のその微分法について解説します。 Follow @spacedirac

関数$$$f(x)$$$と$$$g(x)$$$があるとき、以下のような関数をfとgの合成関数といいます。 $$$ f \circ g = f(g(x))$$$ 一般的に $$$g(f(x))$$$ と $$$f(g(x))$$$ は異なります。つまり、関数の合成では交換法則は常には成り立ちません。 $$$fg≠gf $$$ しかし、結合法則は常に成り立ちます。 $$$f \circ (g \circ h)=(f \circ g) \circ h$$$
To the top