数学が好き!



Home
Software
Blog
Link

微分方程式

微分方程式は、いろいろな物理現象を表すときに使われます。 微分方程式の1例を示しましょう。 \[m \dfrac{d^2 x}{dt^2} = 0 \cdots (式1)\] \[m \dfrac{d^2 y}{dt^2} = -mg \cdots (式2)\] この2つの式は仰角 $$$\theta (0 \lt \theta \lt \frac{\pi}{2})$$$ 、初速度 $$$\mathit{v}_{0} = \begin{bmatrix} v_{x}, v_{y} \end{bmatrix}$$$ で斜め上に射出された質点のx軸方向(式1)とy軸方向(式2)の運動方程式を表しています。 下の図を見てもらうとわかりやすいでしょう。 Follow @spacedirac

次の4つは有名な微分方程式です。 世の中の物理法則の多くがこんな風に微分方程式で書かれるんですね。 微分方程式を理解するのは面白そうじゃないですか? まずは基礎からしっかり学んでいきましょう。 もし、まだ微分積分をきちんと勉強していない人は、下のリンクからどうぞ。 ・微分を学ぼう  ・積分を学ぼう 
To the top